Roscoflamex PA

塗料添加剤

Flamex PAは、難燃性塗装層を形成するための、顔料を含有しない透明な添加剤です。 Flamex PA 一瓶を1米ガロン (3.79リットル) の水性塗料に混合すると、塗装層が難燃性になります。 Flamex PAは大部分のラテックスまたはビニールアクリル塗料に使用できますが、必ずご使用の塗料でテストを行なってください。 Flamex PAは金属性顔料と反応して変色または腐食させることがあるので、金属性塗料と併用しないでください。 Flamex PAは、塗装対象の基質の燃焼性は変化させず、表面に沿って炎が広がる速度を遅くする遅延処理を提供するに過ぎません。

 

Flamex PAの使用法
Rosco Flamex PAは予め計量済みなので、1米ガロン (3.79リットル) の塗料に混合してください。 混合後は、塗料とFlamexの混合液は自由に希釈できますが、乾燥後の膜の厚みは4ミル以上になるようにしてください。 火の回りを防止する障壁の有効性は、耐火添加物と塗装層の厚みに依存します。 Flamex PAは他のFlamex製品の代用にはなりません。 できれば、基質を、適切なFlamex製品で処理してください。

注意: Rosco Supersaturated塗料にFlamex PAを使用する場合、8オンスの容器を1クオートの未希釈のSupersaturatedに添加してから、この混合液を、水で、少なくとも1:1に希釈してください。 使用前によく撹拌してください。

最大塗装面積:
1ガロンの塗料と8オンスのFlamex PAを混合した場合、塗料メーカーのガイドラインに従って、約300平方フィート (28平方メートル) の材料を処理することができます。

Flamexの塗布

  • 塗料メーカーの指示に従って、ブラシかローラーかエアレススプレーで、処理後の塗料を塗装します。 塗布方法に関係なく、完全な塗装膜が形成され、乾燥後の厚みが4ミル以上あることが重要です。塗装膜が不完全だったり薄すぎると、火の回りを防止する障壁が形成されません。

認証とテスト
Flamex PAはカリフォルニア州とニューヨーク市の消防法で使用認定を受けており、ASTM E84 クラスAに従ってテストされています。

保管
Flamex製品は非金属製の容器に保管してください。 金属製のスプレーを使用した場合、ノズルやアクセサリーを含めて、使用後直ちに完全に洗浄してください。 できる限り、金属製のバケツや塗装容器の使用を避けてください。

免責事項
Flamex製品に付属の指示を熟読してください。 Roscoでは誠意をもって本製品を提供していますが、材料の処理方法や塗布方法は購入者に一任されるので、Rosco では一切の保証をいたしません。 Flamex製品の使用適否は使用者が判断し、使用前に必ずテストしてください。

Flamex PAは、オリジナルのP50に相当します。 旧Flamex製品と新Flamex製品を混用しないでください。 処理対象:

  • ラテックス家庭用塗料
  • 着色ラテックス塗料
  • ラテックス下塗り
  • Rosco下塗り
  • 透明つや消しまたは高光沢アクリル上塗り
  • ビニールまたはアクリル水性壁面塗料

各材質ごとの適合性チャートを見る。

製品番号

150 079PA 0008

Flamex PA ラテックス塗料添加剤 - 8オンス (237 ml)

150 079PA 0640

Flamex PA ラテックス塗料添加剤 - 5ガロン (19.95 L))

150 079PA 1208

Flamex PA ラテックス塗料添加物 - ケース 12 x 8 オンス

 

Roscoflamex PA Flame Retardant Certificate (CA)

Roscoflamex PA - SDS

Material Compatibility Chart For Rosco Flamex

Understanding Fire Retardants

Flamex Comparison Guide