建築照明

建築照明の問題解決のためのクリエイティブなソリューション

建築設備の要件を満足するよう設計された照明器具やアクセサリについて探ってみましょう。 
 

ピーターセン自動車博物館では、絶えず変化する展示物を照らすダイナミックな照明を実現するためのテクノロジーを求めていましたが、Rosco の Miro Cube WNC は、その要望を的確に満足させる最良のソリューションでした。 Chris Werner - 照明デザイナー
LitePad は、興味深い省エネソリューションであることが判明しました。さらに、厚みがたった 10 cm しかないライトボックスが作成できるので、従来使用していた 30 cm 四方の蛍光ボックスと比較して、大幅な省スペースが実現されました。 Francisco Bermejo - 建築家
Michael Grubb Studio では色をとても大切にしていますが、Rosco の多種多様なフィルター群は、今までとは比較にならないほど深みのある純粋な色を提供してくれます。 Stuart Alexander - シニア照明デザイナー、Michael Grubb Studio

課題

デンマーク国立水族館の The Blue Planet では、会場客があたかも海底に迷い込んだような雰囲気を創り出すことを目指していました。照明デザイナーの Jesper Garde Kongshaug は、リアリスティックで目の覚めるような制御可能な水中効果照明を演出し、水族館内の広いコンコース全体でその効果を実現したいと考えていました。

Kongshaug とそのチームは、建物内の53のアクアリウムに、40台以上の Rosco の DMX 制御式 X24 Effects Projector を設置しました。これによって、Kongshaug は、演出された水中効果照明の速度と方向とカバー範囲を完全に制御できるようになったのです。

Rosco のソリューション

スケールの大きな X24 Effects Projector のさざ波状光出力によって、最高に有機的な水中効果を演出することが可能になりました。X24 は、リアリスティックな水中環境を演出したい水族館、博物館、小売店にとって、パーフェクトなチョイスです。

X-24 X-Effects >

結果

コペンハーゲン港の「渦潮」にヒントを得た The Blue Planet のデザイナーチームは、来場客に、「魚の世界と海中の生命」を体験させる優美な水中効果を演出したいと希望していました。

Jesper Kongshaug は、X24 Effects Projector を使用して水族館内に渦潮を投影することにより、息を呑むようなデザインを実現しました。このデザインは The Blue Planet 水族館の来場客に、あたかも、世界中の海の生物と一緒に泳いでいるような臨場感をもたらします。

結果

コペンハーゲン港の「渦潮」にヒントを得た The Blue Planet のデザイナーチームは、来場客に、「魚の世界と海中の生命」を体験させる優美な水中効果を演出したいと希望していました。

Jesper Kongshaug は、X24 Effects Projector を使用して水族館内に渦潮を投影することにより、息を呑むようなデザインを実現しました。このデザインは The Blue Planet 水族館の来場客に、あたかも、世界中の海の生物と一緒に泳いでいるような臨場感をもたらします。

結果

コペンハーゲン港の「渦潮」にヒントを得た The Blue Planet のデザイナーチームは、来場客に、「魚の世界と海中の生命」を体験させる優美な水中効果を演出したいと希望していました。

Jesper Kongshaug は、X24 Effects Projector を使用して水族館内に渦潮を投影することにより、息を呑むようなデザインを実現しました。このデザインは The Blue Planet 水族館の来場客に、あたかも、世界中の海の生物と一緒に泳いでいるような臨場感をもたらします。

結果

コペンハーゲン港の「渦潮」にヒントを得た The Blue Planet のデザイナーチームは、来場客に、「魚の世界と海中の生命」を体験させる優美な水中効果を演出したいと希望していました。

Jesper Kongshaug は、X24 Effects Projector を使用して水族館内に渦潮を投影することにより、息を呑むようなデザインを実現しました。このデザインは The Blue Planet 水族館の来場客に、あたかも、世界中の海の生物と一緒に泳いでいるような臨場感をもたらします。

課題

ダブリンのドック地域にある中央埠頭事務所である Bloodstone ビルの1階にある入口天蓋は、当初、貧弱な様相を呈していました。Plus Architecture では、この建物のアイデンティティを惹き立てて改善する新しい通用門をデザインするよう、依頼されました。

Plus Architecture では、Arup-Ireland の照明デザイナーと協力して、Rosco Custom LitePad を選択して通用門の見栄えを改善することに成功しました。そのコンセプトを実現すべく、通用門の天井に 2800K Custom LitePad HO90 ユニットを装着し、企業名とロゴに背景照明を設置しました。

Rosco のソリューション

Custom LitePad HO90 は、ソフトで均一な光を出す LED 光源です。この 8mm 厚の照明器具は 3種類の色温度で入手でき、ほぼあらゆるプロジェクトに装着できるように、カスタマイズすることができます。

結果

Arup Ireland のシニアプロジェクトエンジニアの Mark Reilly は、このプロジェクトに LitePad HO90 を採用したことについて、こう述べています。「この低電圧 LED 光源は均一な間接照明を提供し、各パネルは、用途に応じてサイズ要件を満たすことができるようにカスタマイズできる柔軟性を有しています。LitePad HO90 はクライアントの高照度要件を満足するだけでなく、プロジェクトのスケジュールや予算といった条件もらくらくクリアしてくれました。」