写真とビデオ

写真家やビデオ作家のための画期的なソリューション

写真やビデオのプロの要望に応えるべく設計された、照明、背景画、ムード作りの製品について探ってみましょう。 

 

予算の豊富な大作から低予算の個人映画まで、映画制作でマジックを実現させてくれる照明についに出会うことができました。それは、Rosco の新型 LitePad Vector LED 照明器具です。 Barry Andersson - 映画作家
私は Rosco ゲルが気に入っています。現在は、33個の 10x12 ゲルを含む CalColor キットを愛用しています。Rosco ゲルでモデルの姿が映えないようなファッション撮影やビューティー撮影はありえません! Kendra Paige - 写真家
駆け出しの頃は、フォトショップで色を付け加えればよいだろうと思っていましたが、その作業が以下に大変か、実感しました。今は Rosco カラーフィルターを使っていますが、これによって、簡単に、被写体に深い色彩感を付与することができるようになりました。  Hernan Rodriguez – 写真家

課題

映画作家 Jose Mojica は、グリーンスクリーン環境で使用できるランニングマシーンを必要としていました。近所のスポーツ用品店ではグリーンスクリーン用のランニングマシーンが入手できなかったので、色を塗らなければなりませんでした。

Mojica は Rosco CrystalGel でランニングマシーン全体の下塗りをしました。接着力や柔軟性が高いので、ベルトを含むランニングマシーンの表面をすべて着色することができました。次に、黒いランニングマシーンに Rosco Tough Prime White を塗布して明るさを向上させました。最後に、Rosco Chroma Key Green を塗布して、緑色のランニングマシーンに仕上げました。

Rosco のソリューション

Rosco Chroma Key Green Paint は1種類の顔料で製造されているので、純粋な緑を発色させることができ、他の色が反射して撮影の妨害になることはありません。純粋な緑色が発色され、仕上げが極めて平坦であるため、クロマキーの際に色調や光の変化がありませんでした。

Chroma Key >

結果

Jose Mojica は、Chroma Key Green でランニングマシーンが塗装できるかどうか、心もとなく思っていました。しかし、Rosco のアドバイスのおかげで、予算よりも安く、簡単に仕上げることができました。Mojica は、慎重にこのプロセスの計画を立て、頻繁にテストを繰り返し、下塗りと塗料を薄く何回も重ね塗りしました。塗り重ねる際には、前回塗った塗料が完全に乾いてから塗り重ねました。この作業には丸々1週間かかりましたが、グリーンスクリーン用のランニングマシーンによるクロマキーの作業は簡単で、塗装面は割れたり剥がれていません。

結果

Jose Mojica は、Chroma Key Green でランニングマシーンが塗装できるかどうか、心もとなく思っていました。しかし、Rosco のアドバイスのおかげで、予算よりも安く、簡単に仕上げることができました。Mojica は、慎重にこのプロセスの計画を立て、頻繁にテストを繰り返し、下塗りと塗料を薄く何回も重ね塗りしました。塗り重ねる際には、前回塗った塗料が完全に乾いてから塗り重ねました。この作業には丸々1週間かかりましたが、グリーンスクリーン用のランニングマシーンによるクロマキーの作業は簡単で、塗装面は割れたり剥がれていません。

結果

Jose Mojica は、Chroma Key Green でランニングマシーンが塗装できるかどうか、心もとなく思っていました。しかし、Rosco のアドバイスのおかげで、予算よりも安く、簡単に仕上げることができました。Mojica は、慎重にこのプロセスの計画を立て、頻繁にテストを繰り返し、下塗りと塗料を薄く何回も重ね塗りしました。塗り重ねる際には、前回塗った塗料が完全に乾いてから塗り重ねました。この作業には丸々1週間かかりましたが、グリーンスクリーン用のランニングマシーンによるクロマキーの作業は簡単で、塗装面は割れたり剥がれていません。

結果

Jose Mojica は、Chroma Key Green でランニングマシーンが塗装できるかどうか、心もとなく思っていました。しかし、Rosco のアドバイスのおかげで、予算よりも安く、簡単に仕上げることができました。Mojica は、慎重にこのプロセスの計画を立て、頻繁にテストを繰り返し、下塗りと塗料を薄く何回も重ね塗りしました。塗り重ねる際には、前回塗った塗料が完全に乾いてから塗り重ねました。この作業には丸々1週間かかりましたが、グリーンスクリーン用のランニングマシーンによるクロマキーの作業は簡単で、塗装面は割れたり剥がれていません。

課題

写真家の Andy Van den Eynde は、霧がかかり曇っている夕方に、たいまつを掲げた勇敢なガリア人がベルギーの森に進軍している情景を写真に収めたいと希望していました。昼間の撮影で、たそがれ時の暗く青い空を撮影できるでしょうか?

まず、Van den Eynde は、ホワイトバランスを 2800K に合わせました。すると、あらゆる被写体、特に空が、青く撮影されたのです。Van den Eynde は、通常通りに映したい被写体に 2800K の光を当て、照明ストロボに、Color Correction フィルターキットの CTO フィルターを装着しました。

Rosco のソリューション

Rosco 色彩補正フィルターキットには、種々の光源の演色性を調整する、Academy Award® を受賞した Cinegel 照明フィルターが入っています。

色彩補正フィルターキット >

結果

色彩補正フィルターキットの Rosco CTO を使用した Andy Van den Eynde のホワイトバランステクニックによって、たそがれ時の青い空を撮影することに成功しました。さらに、短い棒の上に小型フラッシュを取り付け、2層の Cinegel #3081 Full Straw Dyed Grid Cloth を巻きつけて、たいまつの代わりにしました。これで、何も使わずに、被写体の顔が、火のついたたいまつで淡く照らされるようになりました。「Colors で、狙い通りの効果を上げることができたため、その後のフォトショップでの作業をかなり減らすことができました」と Van den Eynde は述べています。 

結果

色彩補正フィルターキットの Rosco CTO を使用した Andy Van den Eynde のホワイトバランステクニックによって、たそがれ時の青い空を撮影することに成功しました。さらに、短い棒の上に小型フラッシュを取り付け、2層の Cinegel #3081 Full Straw Dyed Grid Cloth を巻きつけて、たいまつの代わりにしました。これで、何も使わずに、被写体の顔が、火のついたたいまつで淡く照らされるようになりました。「Colors で、狙い通りの効果を上げることができたため、その後のフォトショップでの作業をかなり減らすことができました」と Van den Eynde は述べています。 

結果

色彩補正フィルターキットの Rosco CTO を使用した Andy Van den Eynde のホワイトバランステクニックによって、たそがれ時の青い空を撮影することに成功しました。さらに、短い棒の上に小型フラッシュを取り付け、2層の Cinegel #3081 Full Straw Dyed Grid Cloth を巻きつけて、たいまつの代わりにしました。これで、何も使わずに、被写体の顔が、火のついたたいまつで淡く照らされるようになりました。「Colors で、狙い通りの効果を上げることができたため、その後のフォトショップでの作業をかなり減らすことができました」と Van den Eynde は述べています。 

結果

色彩補正フィルターキットの Rosco CTO を使用した Andy Van den Eynde のホワイトバランステクニックによって、たそがれ時の青い空を撮影することに成功しました。さらに、短い棒の上に小型フラッシュを取り付け、2層の Cinegel #3081 Full Straw Dyed Grid Cloth を巻きつけて、たいまつの代わりにしました。これで、何も使わずに、被写体の顔が、火のついたたいまつで淡く照らされるようになりました。「Colors で、狙い通りの効果を上げることができたため、その後のフォトショップでの作業をかなり減らすことができました」と Van den Eynde は述べています。 

写真とビデオ 製品