DigiComp® HD

DigiComp HDの色標準は、正確にデジタル合成の前景/背景のさわやかな、きれいな分離のために製造されている - ほとんど、あるいは全くポストプロダクションで「タッチアップ」必要を生じました。ロスコDigiCompのHD塗料は、特別に、すべてのデジタル合成システムの最適な動作のために適切な輝度とRGB値を提供するように配合されています。

高精度カラー

DigiComp HD カラースタンダードは、デジタルコンポジションで、前景と背景とを明解かつ明確に分離するよう正確に製造されているため、ポストプロダクションでの修正がほとんどまたはまったく必要ありません。 Rosco DigiComp HDペイントは、デジタルコンポジットシステムに最適な動作をさせるため、輝度とRGB値が適切になるように特別に処方されています。 DigiComp HDペイントでは単一源顔料を正確に処方されており、高比分光反射率と高利得反射率を生成することができるので、明るく狭帯域の緑や青を創出して照明を簡素化し簡単にキーイングできるようになりました。 DigiComp HDのおかげで、他の一般的な混合法や塗料店で混合した処方が原因で起きるスペクトル干渉によるキーの汚れをロトスコープで操作する時間が短くなるため、ビジュアルエフェクト技術者は、制作時の貴重なポストプロダクション時間を節約することができます。 

塗布が簡単

RoscoのDigiComp HD処方は、開封して直ちに使用することができ、塗布しやすい2ステップコーティングで均一にカバーすることができます。 DigiComp HDは、木材、壁面ボード、シートロック、しっくい、コンクリートなどの多孔面への塗布を意図した製品です。 DigiComp HDペイントを塗布する前に、必ず適切な清掃や下塗りや表面仕上げを行なうようお勧めします。 塗装面に下塗りを行なわないと色むらができます。 DigiComp HDペイントは3/8インチナップローラーかスプレーガンで塗布できます。 完全な塗布方法については、DigiComp HDで壁面やCycを塗布する方法の文書を参照するかビデオをご覧ください。

超平坦仕上げ

DigiComp HDなど、Roscoのキーイング塗料は、超平坦仕上げ、すなわち、光沢や輝きがまったくない仕上げになるように製造されています。 塗料店や金物店で一般に入手できる「平坦仕上げ」塗料は、写真撮影用に照明を当てたときに多少の光沢ができますが、Roscoのキーイング塗料ではそんなことは起こりません。 緑色の背景に光沢や輝きがあると、カメラで撮影したときに、緑ではなく白や黄色となって現れるため、キーイングが失敗してしまいます。

適切な色の選択

DigiComp HDは緑または青で入手できます。 専門家によると、青い層はフィルム感光乳剤に対して敏感なので、映画の撮影では青い背景の方が適しているそうです。 デジタル/HDを撮影する場合、大部分のデジタル/HDカメラのチップは緑に対する感度が高いため、緑の背景をお使いください。 ただし、被写体についても考慮しなければなりません。 背景に、前景に多く使われている色要素と同じ色を使うことはできません。 選んだセットや衣装に青が多く使用されている場合 (スーパーヒーローの衣装が青い場合など) には、撮影媒体に関係なく、緑の背景の方が適しています。

ベクトルスコープ上のDigiComp HD青とDigiComp HD緑の信号の位置は、色度と輝度が高レベルであることを示しており、これは艶消しを成功させる上で非常に重要です。 図中の白抜き四角は、色度と輝度が最大になるポイントを示しています。 DigiComp HDカラーの値は、実質的に理論上な理想を再現しています。 このグラフは、DigiComp HD青とDigiComp HD緑が、ビューワやカメラに反射して戻ってくる波長 (色) のスペクトルや割合の範囲内に入ることを示しています。

入射光の測定値:f4
反射率の測定値:
青 f4.5
緑 f2.8

結合剤の種類: 水性、ビニールアクリル

仕上げ: 超平坦

希釈: 容器から出して直ちに使用可能

膜の厚み: 乾燥時に2ミルの厚み

VOC含有量: 1リットルあたり最大50g 

貯蔵寿命: 未開封の場合最低12ヶ月

表面前処理:

塗装面は清浄で乾燥していて、汚れや脂分がない状態でなければなりません。 適切なプライマーで表面を前処理してください。 新しいしっくい壁面を塗装する場合、生しっくい用プライマーやシーラーで前処理してください。 Rosco Tough Prime Whiteなどの白いプライマーの上にDigiComp HDを塗布すると最良の結果が得られます。 プライマーが適切であり、平坦で均一の表面ができることを確認してください。 しみだらけであったり、ローラーの跡が残った場合、それが表面に現れてくるので、仕上げが不均一になります。

塗装方法:

塗布前と塗布中に、よく撹拌してください。 1日前に市販の撹拌機で撹拌するようお勧めします。 Rosco DigiComp HDペイントは、開封後直ちに使用可能です。 バッチ番号を確認してください。 バッチが異なると色がわずかに異なることがあります。 プロジェクトの最初から最後まで色が均質になるように、バッチ番号ごとにまとめておいてください。 3/8インチナップローラーを使用して、均一な厚みに、薄くコーティングします。1列塗ったら、端が乾く前に、端が重なるように次の列を塗布してください。 塗装跡が残ったり、縞模様にならないように、ローラーを動かす方向を頻繁に変えながら塗ってください。 エアレススプレー (HVLPを推奨) システムも使用できます。 塗布中は、ノズルと被塗装面との距離を、一定に保ってください。 完全な塗布方法については、DigiComp HDで壁面やCycを塗布する方法の文書を参照するかビデオをご覧ください

最大塗装面積:

1米ガロンあたり約300平方フィート (1米ガロンあたり約27平方メートル) 明るい顔料を使用しているので、均一にカバーできるように、DigiComp HDを2回コーティングしてください。

乾燥時間:

30分ないし1時間 (温度や湿度によって変化する)。 完全に乾燥してから2回目の塗装を行なってください。

洗浄:

刺激の少ない石鹸と水で用具を完全に洗浄してください。 使用後は蓋を固く閉めてください。

製品番号
150 05750 0128 DigiComp HD ペイント青 - 1ガロン
150 05750 0640 DigiComp HD ペイント青 - 5ガロン
150 05751 0128 DigiComp HD ペイント緑 - 1ガロン
150 05751 0640 DigiComp HD ペイント緑 - 5ガロン
DigiComp® HDカラーチップ
 
5750: DigiComp® HD青
5ガロン、1ガロン
 
5751: DigiComp® HD緑
5ガロン、1ガロン